歯科に関して

2017年3月14日 火曜日

食べることと脳の関係

 
こんにちは。
船橋市前原老川歯科医院ですcat

「今回は食べることと脳の関係についてです」


食べることの目的は、生きていくために必要な栄養を摂ることと、
友人や家族などと楽しい時間を過ごすことなどが考えられます。


これらの目的のなか、高齢者において重要なのは、必要な栄養素を摂ることです。
十分に噛むことができなかったり、自分自身の残っている歯の数が減ることは、
食べる能力の低下を招き、噛むことを無意識に避けようとします。


さらに、高齢期に十分に食べる機能を維持していることは、
脳の健康維持にも繋がると言われています。


最近の話では、残っているの数が少なくなり、食べる機能が十分に果たせなくなると、
計算や思考、記憶と関係する脳の部分が衰えるとの報告があるそうです。


高齢になって健康に過ごすためにも、を大切にしましょうねsign01


hospital歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院hospital
http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。