歯科に関して

2017年4月19日 水曜日

喫煙は歯周病の原因となる

こんにちはsun
船橋市前原老川歯科医院です。

今回は喫煙が歯に与える影響についてお話します。flair
 タバコの煙の主成分である
ニコチンの血管収縮作用と一酸化炭素の血液の
酸素運搬能の阻害作用により、
血流の悪化・唾液分泌の低下が起こるなどの理由により、
細菌が増え、歯周病になりやすくなります。

血流悪化の影響で
栄養不足がちになり歯周組織を再生させる
能力も低下するため歯周病は悪化しやすくなります。
 その他にも喫煙の影響で喫煙者は口腔がん白板症
タバコの色素沈着口臭などのさまざまな
症状が発症しやすくなります。
 受動喫煙者の場合にもメラニン色素沈着などの症状が見られます。
また、胎児にも影響があるので、妊娠中は非喫煙者でも注意が必要です。

club歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院club

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。