歯科に関して

2018年2月 9日 金曜日

フロッシング

こんにちは。

船橋市前原老川歯科医院です。

今回は歯のフロッシングについてお話します。

皆さん、毎日歯を綺麗に磨いてるつもりでも
実は歯の汚れは約50%しか落とせていないことご存じですか?
時間をかけて隅々まで磨いて完璧だと思いがちですが
歯垢が溜まったままの歯は虫歯や歯周病になりかねます。
そうなるとせっかく歯医者で治療した歯をそのまま綺麗に保つことが出来ません。

そこで今回はフロッシングを行えば歯と歯の間のプラークを
しっかり落とす方法をお教え致します!


①歯と歯の間はデンタルフロスで。
デンタルフロスを40センチ程の長さにカットし、
糸の両端を指に巻きつけてきこきことノコギリのように
デンタルフロスをゆっくりと歯と歯の間に入れていきます。
きつい箇所を通過したら片側の面の沿わせて上下に何度か動かします。
抜くときも入れた時と同じようにゆっくりと動かし
デンタルフロスを外します。
力づくて押し込むと歯肉を痛めるので優しくゆっくりとうごかしましょう!

②歯と歯の間に隙間がある部分は。
隙間や治療でブリッジを入れた部分がある場合は歯冠ブラシを使用しましょう。
隙間の広さに合うサイズを選ぶことがとっても大切です!
初めての方や、どのサイズを選べばいいか分からない...という方は
SSサイズから始めるのが無難ですよ。
これも乱暴に使用すると歯肉を痛めたり、出血する可能性があるので
十分に注意して行ってください。


これらは毎日の習慣にならなくとも
鏡で自分の歯を見たとき、歯みがきをしたのに何だか
磨き足りない...という時に試してみてください。
汚れが落ちるとすっきりして笑顔にも自身が持てますよhappy01


歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ

http://www.oikawa-dc.com/
 


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。