歯科に関して

2018年3月23日 金曜日

知覚過敏

こんにちは。
船橋市前原老川歯科医院です。

今回は知覚過敏についてお話します。
CMなどで良く耳にする知覚過敏という言葉。

冷たい物を飲んだり噛んだりしたときに
キ―ンっと歯に響いたことはありませんか?
この症状は虫歯と違って一瞬の痛みで
その後痛みがずっと続くことはありません。
そのワケは歯の外側にあるエナメル質が何らかの形で傷ついたり
薄くなったりしていることから歯にしみるという症状が起こるんです。

歯磨きを念入りにしたいからといって強く磨いたり
眠っている間の無意識な歯ぎしり。
歯並びが悪いと噛み合わせでもエナメル質はすり減っていきます。
様々な原因で起こりうることですが日頃から気をつけることで
少しでも症状を抑えることも可能なんですsmile

酸性の食品を摂りすぎないようにしたり、
柔らかい歯ブラシで丁寧に歯を磨いたり、
食べ物をよく噛み唾液を多く出すことも大切です。
これは唾液に含まれるカルシウムなどが歯の
再石灰化に必要な物質だからです。

自身の持っている知覚過敏の要因を探って
些細なことから対策をとるようにしましょうsign03


apple歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へapple

http://www.oikawa-dc.com/
 


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。