歯科に関して

2018年9月10日 月曜日

口から始める子どものしつけ

cloudこんにちはcloud
船橋市前原老川歯科医院です。

今回は口から始める子どものしつけについてお話します。

噛む力をつけるというと少なくとも歯が生えて離乳食以降の話だと
思っていませんか?

噛むことの始まりは母乳なんです。
母乳は軽く吸えば簡単に口に入るものではありません。赤ちゃんが
顔を真っ赤にして懸命に吸っているのはあごや舌、口周り、頭の脇、
顔全体の筋肉を使っている
からなんです。
その運動によって側頭筋などの噛む筋肉やあごの骨が育って食べ物を
飲み込むための舌の使い方等を覚えることで噛むための口の機能を自然に
身につけていきます。

aries歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へaries

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。