歯科に関して

2018年12月10日 月曜日

フッ化物について

cloverこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院です。clover


虫歯予防のフッ化物は安全です。

フッ化物というと、安全かどうか気にする人がいますが、
そのとき問題なのは、飲み込むフッ化物の量です。

飲み込んで危険とされ医師の処置が必要となるフッ化物の量は、体重1㎏あたり5㎎です。
(体重60㎏の大人:300㎎、体重10㎏の子ども:50㎎)

フッ化物濃度を適正化した水道水を1日1リットル飲むと、約1㎎のフッ化物を飲み込むことになります。
フッ化物ゲルによる歯面塗布だと、子どもで9㎎のフッ化物を使用し、口の中に残る量は1㎎程度です。
フッ化物洗口では、洗口後の口の中に残るフッ化物は、お茶1~2杯に含まれる量(0.2㎎)と同じです。
このように、口の中に残る量は、危険とされる数値とかけ離れています。

フッ化物は、指示された量を守って使えば、むし歯予防に大変効果があり、
世界中の学者や専門家により、安全性も確認されています。
すでに半世紀以上も、世界の国々で使用されています。

むし歯予防フッ化物を使うことは、世界保健機構(WHO)や国際歯科連盟(FDI)
をはじめ、日本でも厚生労働省や文部科学省、日本歯科医師会などが推奨しています。

フッ化物の塗布は、歯科医師歯科衛生士が行います。
塗る時期も「いつ」「どのように塗るか」は歯科医師に相談しましょう。


「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/
 



投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。