歯科に関して

2019年1月29日 火曜日

喫煙による歯への影響

こんにちはsnow
船橋市前原老川歯科医院のです。

喫煙者は非喫煙者よりも
を喪失しやすいと言われています。
なぜでしょう?

ニコチンは血管を収縮させる作用があり血流量を減少させます。
タバコに含まれる一酸化炭素はヘモグロビンと結合しやすく
組織の酸素不足を引き起こします。
つまり
歯肉がいつも酸素不足の状態になりやすく
歯周病が進行し歯を損失につながるのです。

の損失の他にも
味覚障害嗅覚障害口臭ドライマウス舌がんなどを引き起こします。

また、たばこを吸うと顔も変わってきます。
スモーカーフェイスといって
黒ずんだしみのある皮膚になり、細かいしわが鼻の下に増えてきます。
唇や歯肉が黒ずみ、の表面にも黒やにが付着します。
若いうちはわかりにくくても、ある程度の年齢まで喫煙を続けていれば
同世代の非喫煙者と比べると、著しく老けた顔つきになってしまします。

お口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa.-dc.com/












 


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。