歯科に関して

2019年5月27日 月曜日

小児の予防歯科

sunこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院です。sun

我が子のために知っておきたい
小児の予防歯科
Q & A


Q1 生え初めの歯はなぜむし歯になりやすいのでしょう。
A1 歯は、唾液に含まれているカルシウムやリン、フッ素などが、
表面のエナメル質から溶けこんで、次第に硬くなります。
また歯の内部でも、変化がおこってきます。
ですから、生えはじめたばかりの歯は、
未完成な状態なのでむし歯になりやすいのです。

Q2 歯ブラシはどんなものを選べばよいのでしょう。
A2 お子さんが、口のなかで歯ブラシを自由に動かしやすい
大きさで、使いやすく、力を入れてみがけるような小さめなサイズで、
毛先も短めなものを選びます。
分からなければ、歯科医に相談してください。

Q3 おやつにはどんなものがよいのでしょう。
A3 お子さんの身体と歯の成長を助けるものを選びます。
おやつは第4の食事であり、甘いものである必要はなく、
軽食などでもOKです。出来れば歯に付きにくいものにしてください。

Q4 フッ素はどんな働きをしますか。
A4 フッ素には硬くて丈夫な歯をつくる働きがあり、
むし歯になりにくくします。フッ素を塗る方法や、口をゆすぐ方法、
フッ素入り歯みがきを使う方法があります。
詳しいことは、相談して下さい。

これらのことに気をつけて
健康で丈夫な美しい歯を育てていきたいですね!


「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/
 


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。