歯科に関して

2019年6月17日 月曜日

若いうちから気をつけたい歯周病...

piscespisces こんにちは piscespisces
船橋市前原の老川歯科医院です


歯がぬけてしまう原因となる主な病気はむし歯を歯周病・・・
子どもでも約35パーセントが初期の歯周病にかかっていると
言われており、特に30才を超えると歯周病で歯を失うケースが
多くなります。

歯周病は歯の周りの組織(歯ぐきや歯槽骨)で起こる病気で
歯の汚れであるプラーク(歯垢)の中に潜む歯周病菌によって
発症する最近感染症です。

しかし、その進行には、食事、歯みがき、喫煙などの生活習慣が
大きく影響するので生活習慣病でもあります。
歯ぐきに炎症が起きた状態を歯肉炎、歯槽骨など歯を支えている
組織が崩れてしまう状態を歯周炎とよびます。そして歯周炎
状態が進行すると歯を支える骨が溶けて、歯がぐらぐら動くように
なり、最後には歯が抜けてしますことに・・・うみや口臭なども
伴います。

歯周病はサイレント・ディジース(静かに進行する病気)とも言われ
特に初期には痛みなどの自覚症状がありません。
そのため、自分では気づかないうちに進行してしますので、注意が
必要です。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。