歯科に関して

2019年6月24日 月曜日

歯と口の発育(0歳~5ヶ月)

こんにちは。rain
船橋市前原老川歯科医院です。

乳幼児のの発育は
成長とともにどんどん変化していきます。

まず、生まれてから最初の乳歯が生えるまでの期間を
無歯期」と言います。

この時期の赤ちゃんは、上顎と下顎とを合わせると
前歯が生えてくる辺りのところに隙間が出来てきます。
これを顎間空隙(がっかんくうげき)と言います。

また、口蓋(上顎の内側)には
吸綴窩(きゅうてつか)というくぼみがあります。
この隙間とくぼみとで、乳児はお母さんの乳首をしっかりと吸います。
さらに母乳を絞り出すために舌を突き出します。

このように、乳児のの生える前の口は
哺乳しやすい構造になっています。

そして、哺乳にかかわる無意識に行われる運動は
やがて消え、咀嚼が出来るようになります。

この頃の乳児が、よくにおもちゃを入れたりするのは
自分の意思で、咀嚼できるようにするための準備ともいわれています。

お口に関するご相談なら船橋市前原老川歯科医院へ」smile
http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。