歯科に関して

2019年7月 6日 土曜日

睡眠時無呼吸症候群とは?

こんにちは。rain
船橋市前原老川歯科医院です。

毎日ぐっすり眠れていますか?

浅い眠りばかりで、実際は脳も体も休めていないなど
それにはいろいろな原因がありますが
寝ている間に呼吸が止まっていたりしている
睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に10秒以上
呼吸が止まることが何回も起こるなどの睡眠障害です。

寝ているはずの夜中に「息止め」「酸欠状態」になっているのです。

その原因は口や喉の形、またその働きの異常など
複雑な要因がありますがその多くは
自分の舌や上顎の奥が喉奥に落ち込み半窒息状態となっています。
肥満傾向の方に多く見られますが、痩せている方もおられます。

では、どうやって治すのでしょうか。
一般的には、肥満に対する減量や、生活の習慣を変える治療法と
手術をして無呼吸になりにくい状態をつくる治療法があります。

症状が軽い患者さんには顎を前に出した状態で
マウスピースを口に入れそのまま寝て半窒息状態を防ぎます。
もちろん、効果については個人差があります。

お口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」smile
http://www.oikawa-dc.com/
 


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。