歯科に関して

2019年8月24日 土曜日

口のリハビリテーション

cat こんにちは dog
catcat船橋市前原の老川歯科医院ですdogdog


「肺炎は老人の友」という言葉があります。
高齢者は肺炎で亡くなることが当たり前だったという事です。

食べる機能の障害による肺炎は、食べ物を間違った場所に
飲み込んでしまうことから起こる場合があります。
特に高齢者になると、お口の中をきれいにしておくことは、
肺炎予防、ひいては命を救うことであると言っても過言では
ありません。

逆に、肺炎や発熱を繰り返している、食べる量が減った、
食事のときにむせる、声がガラガラする場合などは、食べる
機能障害を疑わせますので、ビデオレントゲン造影検査と
ビデオ内視鏡検査を受けることをお考えください。

現在では病院に通いづらい患者さんに対して往診で検査できる
病院も増えて来ています。
症状がある場合には口のリハビリテーションを行っている病院
を探してみるといいでしょう。
また、外国に比べて日本の歯科医師は、食べる機能の障害
治療に積極的に取り組んでいます。

食べる際に不都合を感じたら、障害が重くなるのを予防する
体操やリハビリテーションがありますので「口からは食べられ
ない」と諦めないことが重要です。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

 


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。