歯科に関して

2019年11月 1日 金曜日

むし歯予防のポイント

sun こんにちは sun
maplemaple船橋市前原の老川歯科医院ですmaplemaple


糖分の摂取回数を控えめにする ~シュガーコントロール~

糖分をじょうずにコントロールすることで、むし歯菌の養分
なるものを少なくし、菌の繁殖をおさえることができます。
代表的な糖分には、食べ物や飲み物に含まれる砂糖(ショ糖)
や果物に含まれる果糖、ブドウ糖などがあります。
糖分の含まれる食べ物や飲み物をとる回数が少なければ、より
むし歯になりにくくなります。
特に注意したいのは、三度の食事以外にとる間食の回数です。
もともと間食には、三度の食事で不足する栄養分を補う意味が
あります。そこで、間食の内容には、甘いものだけでなく
栄養面も考えて、一工夫したいものです。

飲食すると、プラーク中のpH(ペーハー)は酸性に傾き脱灰
はじまりますが、しばらくすると唾液の働きにより再石灰化
されます。間食の回数が多い食生活では、脱灰の時間が長く
再石灰化の時間が短くなり、むし歯の危険性が増大します。
寝る前の飲食はもっとも危険です。寝ている間は口の中の
唾液の流れが弱いので、再石灰化が不十分となり、脱灰が
続くためです。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。