歯科に関して

2020年1月 7日 火曜日

こどもの歯並びについて

cafeこんにちは 船橋市前原の老川歯科医院ですcafe

《こどもの歯並びでは予防できる歯並びや噛み合わせもあります》
歯の生え替わりの時期の問題

ケース1
乳歯の裏から歯が生えてきた
5,6歳頃、初めて乳歯が永久歯に生え替わります。
乳歯がうまく抜け落ちないで、
永久歯の裏から生えてきてしまうことがよくあります。

乳歯がグラグラしていれば、もう少し様子をみましょう。
そうでなければ、かかりつけの先生に相談してください。
乳歯がなくなれば、永久歯は少しずついい位置に戻ってきます。

ケース2
生えてきた歯が曲がっている
上の前歯は生えてくるとき、八の字に曲がっていたりすることがあります。
奥歯が生えてくると自然に治ってくることが多いので、様子をみましょう。
このことを、みにくいアヒルの子が成長して美しい白鳥になることから、
アグリーダッキングステージ(みにくいアヒルの子期)とも呼ばれます。
しかし、最近この自然に治るメカニズムが働かない子供達が
増えていると言われています。
しっかり噛むことが少なくなったことも理由のひとつかもしれません。


ケース3
下の前歯がガタガタしている
よくあることです。小さな乳歯の後に大きな永久歯が
生えてくるのですから、並ぶ場所が足らずに、ガタガタになるのです。
あごの骨が成長するにつれて、多くはきれいに並んできます。

ガタガタが著しく、この時期から対応が必要な場合や、
あごが成長してもガタガタが残って、将来治療を考えなければならないこともあります。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/


 



投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。