歯科に関して

2020年6月12日 金曜日

知られざる歯周病の脅威

flair こんにちは flair
船橋市前原にある老川歯科医院です


糖尿病患者への歯周病治療で血糖コントロールも改善?

日本での糖尿病患者数は、糖尿病の可能性が否定できない人
も加えると、2210万人とも推定されています。
原因は主に、生活習慣の欧米化だとも言われています。
糖尿病が怖いのは、網膜症、腎症、心疾患などの様々な病気
を一緒に引き起こすところで、歯周病もそのひとつとして
あげられています。

歯周病は歯垢(プラーク)が歯と歯ぐきのすきまにくっつき
歯ぐきなどに炎症を引き起こす病気です。
歯ぐきがだんだんやせてきて、最後は歯ぐきの下の骨
(歯槽骨)まで溶かされ、歯が抜けおちてしまいます。

治療せずに放っておくと、糖尿病患者はインスリンの効きが
悪くなって糖尿病が悪化し、歯周病もさらにひどくなる可能性
があります。逆に、血糖値の管理をし、歯周病の治療もした
患者の場合、歯の状態はだんだんよくなり、血糖コントロール
が改善される事例も報告されています。
歯周病治療によって、インスリンが働きやすい状態になるの
です。

さらに、歯周病は心筋梗塞や脳梗塞などの原因にもなることが
あります。歯周病がひどくなると、細菌などが歯ぐきの血管内
に入って、体中を駆け巡り、心臓や脳の血管に達し、心筋梗塞
や脳梗塞のような血管の病気を引き起こすことがあるのです。
歯周病を防ぐことは、糖尿病の悪化を抑え、心筋梗塞などの
予防、ひいては全身の健康にも繋がるのです。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。