歯科に関して

2021年8月18日 水曜日

口から始める子どものしつけ

wave こんにちは wave
船橋市前原にある老川歯科医院です


歯が生える前から噛む訓練は始まっている!

噛むことの始まりはお母さんの母乳。赤ちゃんが母乳を吸う
行為は、噛むことを覚える最高のトレーニングなんです。

母乳は簡単に口に入るものではありません。
赤ちゃんが顔を真っ赤にして懸命に吸っているのは、顎や舌
口の周り、頭の脇、顔全体の筋肉を使っているため。その運動に
よって咬筋や側頭筋などの噛む筋肉や顎の骨が育ち、食べ物
を飲み込むための舌の使い方などを覚えることで噛むための
口の機能を自然にマスターしていきます。

中でも重要なのがあごの発育。噛む筋肉は後から鍛えられても
顎が未発達で小さいままだと、乳歯より大きく、本数の多い
永久歯がきれいに並ぶことはできません。つまり、きれいな
歯並びの前提条件は乳歯の時期から良く噛んで、口や顎の骨格
の基礎をつくること。顎にとって唯一の運動は噛むことで、
成長発育中の子どもの顎は、よく噛むことで大きく育つのです。

顎が小さいのは生まれつきで。。。
というご両親も多いのですが、子どもの骨細胞は使うことで
必ず発達し、使わなければ育ちません。遺伝の影響には抗えま
せんが、それ以外であきらめることはない、と知ってほしいの
です。

よく噛むことで歯や顎は健康になれる!親の心構えと努力で
子どもたちの歯や顎は大きく変わるはずです。


「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カレンダー

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。