歯科に関して

2022年6月28日 火曜日

歯のエナメル質と象牙質

こんにちは
sun船橋市前原にある老川歯科医院ですsun


歯は中心に歯髄、その周りに象牙質、一番外側がエナメル質で覆われています。

外側のエナメル質は特別に硬くできています。
硬さは体内随一です。
細菌や細菌の出す酸の侵入を阻んで、象牙質を守っています。
エナメル質は、唾液の力によって補修されますが(再石灰化)、
継続的に酸にさらされると、ついには溶け始めてしまいます。
また、硬いが弾力性には欠けます。

象牙質は、からだの骨と同じくらいの硬さで、
エナメル質に比べてずっと軟らかく、
細菌や酸に弱く溶けやすいです。
エナメル質の守りが無いと、甘い物や酸っぱい物を食べ続けると
溶けてしまいます。
そのため、詰め物などのすき間から細菌や酸がひとたび侵入すると、
むし歯は象牙質で広がりやすいのです。
象牙質には神経が来ているので、
知覚過敏に似た「しみる感じ」でむし歯に気付く事が多いです。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カレンダー

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。