歯科に関して

2019年4月30日 火曜日

妊娠と歯の治療について

ribbonこんにちはribbon
船橋市前原の老川歯科医院です


妊娠は病気ではありませんが、ホルモンのバランスの
変化によって、さまざまな口腔内の変化がおこってきます。
代表的な例を紹介します。

【妊娠性歯肉炎・歯周炎】
歯の間の乳頭部が赤くなり、腫れがあらわれます。
妊娠4~8週ころから後期まで続きます。

【妊娠エプリース】
妊娠12週ころから歯の間の乳頭部にできる炎症性のこぶで
痛くはありません。分娩後に縮小しますが、気になる場合は
分娩後に切り取ります。

【親知らずの痛み】
つわりなどで口腔内を清潔に保てなくなると、親知らず
痛むことがあります。妊娠中に歯を抜くことはできるだけ
避けますので、周囲炎と引き起こす可能性がある場合は
妊娠前に親知らずを抜いておきます。

【むし歯になりやすい】
不規則な食事、口腔内を清潔に保つことができなくなること
が多く、唾液も酸性化することによって、むし歯になりやすく
なります。

妊娠中の治療の目安として、妊娠13週ころまでは、応急処置
のみを行い、14~27週までに通常の簡単な治療を行います。

また、28~41週までの初期段階では、通常の簡単な治療を、
中、後期には短時間の応急処置を行います。
妊娠中の症状は、個人差が大きいので、必要があれば主治医
の意見を参考にして治療をおこないます。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年4月27日 土曜日

フッ素について

cloverこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院です。clover


丈夫な歯はカルシウム摂取の恩恵だけ?

多くの人が丈夫な歯にするためにカルシウムを摂ろうと
心がけていると思います。
でも硬くて立派な歯が出来上がるためには、カルシウムの他に
色々な栄養素が必要です。
煮干し小魚歯に良いというのは
カルシウムが多いからだけでなく、
ミネラルである『フッ素』たくさん含まれているからです。

今日ではこの『フッ素』を科学的に応用した
『フッ化物』の適用が国際的に推奨されています。
『フッ化物溶液』ブクブクうがいをしたり、
フッ化物入りの歯みがき剤スプレーなどを
歯に吹きかけて、むし歯を予防している人が多くなりました。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年4月26日 金曜日

糖尿病と歯周病

cuteこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院ですcute

歯を失う原因の第一位は歯周病によるものです!

歯周病はこうして進行します・・・

歯肉炎;歯と歯ぐきの境目についたプラークを放置しておくと、
歯周病菌が増殖し、「歯肉炎」を起こして、歯ぐきが赤く腫れて
きます。

歯周炎;歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという溝ができます。
溝は次第に深くなり、歯ぐきの腫れや出血、鈍い痛み、口臭など
が起こります。

歯が抜ける;歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け、歯がぐらついて
きます。食べ物がうまく噛めなくなり、最終的には歯を失います。

糖尿病の人が歯周病になりやすいのは・・・

①血管障害により口の中の血流も悪くなるため、白血球がうまく
運ばれず、抵抗力が落ちて、歯周病菌に感染しやすくなります。

②高血糖の状態で歯周病菌に感染すると、体は骨を溶かす物質を
多量に放出して骨を溶かします。

③組織の修復に重要なコラーゲン代謝が低下するため、傷の治り
が悪くなります。

プラークコントロール(毎食後、ていねいに歯を磨くこと)を
しっかり行い、口の中を清潔に保ちましょう。


「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年4月24日 水曜日

指しゃぶりと歯並び

こんにちは。rain
船橋市前原の老川歯科医院です。

長期間にわたって指しゃぶりを続けると
歯並びへの影響はあるでしょうか?

影響あります。

並びだけのことを考えると
すぐにもやめさせたいものです。

しかし、必要以上に叱りつけたりして
子どもの心に負い目をおわせるようであれば
本末転倒です。

大らかな気持ちで忍耐強く
指しゃぶりをやめる機会を探し続けることが大切です。

小学校入学を機会に子どもに言い聞かせ
指しゃぶりをやめることが出来たという例もあります。

この子どもはしばらくの間、歯並びに問題がありましたが
指しゃぶりをやめるときれいに戻りました。

おしゃぶりも使いすぎると
歯並びに悪い影響を与えることがあるので
注意が必要です。
 

歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へsmile
 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年4月23日 火曜日

肺炎(誤嚥性肺炎)について

sunこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院です。sun

~お口を清潔にして、肺炎を防ぎましょう~

高齢になると自分でお口の中全体を清掃すること
難しくなってきます。
また、飲み込み反射の低下により、口の中の細菌や胃液などが
誤って気管に入り込み、肺炎を引き起こします。

この肺炎により元気がなくなり、食欲が低下したり、
また急に発熱することもあります。
肺炎による死亡率は、65歳以上で4位の高い死亡原因となっています。

普段から、歯ブラシ、舌ブラシ、うがい薬などを使用し、
口の中を清潔(口の中のケア)にすることは、
様々な菌を減少させ、肺炎の発症の予防になります。

口の中を清潔にする習慣をつけることが大切です!!

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。