歯科に関して

2013年11月13日 水曜日

青年期の口で起きるトラブルは?


こんにちは、船橋市前原の老川歯科医院です。

青年期は環境が大きく変化する時期です。
口の中にも大きな変化があります。

青年期の初めの15歳くらいまでに、
親知らず以外の永久歯が生え揃い、
大人の噛みあわせが出来上がります。
青年期の口で特に問題となるのは、生え揃った歯に起こる
「歯周病」と、親知らずに関係する痛みなどです。

口の中にはたくさんの細菌が住んでいていますので、不潔にしておくと
口の中の細菌のかたまりである「プラーク」ができます。

プラークがさらにたまってくると、歯茎はは赤く腫れて丸みを帯びてしまったり、
口臭がする、歯磨きをすると血が出るなどの症状が現れます。

歯周病は日本では30代以降、年齢とともに多くなっています。
進行すると治療は難しくなりますので、
早期に発見し、治療することが大切です。

歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。