歯科に関して

2022年5月25日 水曜日

大人の虫歯リスク

こんにちは
船橋市前原にある老川歯科医院です


「二次う蝕」「根面う蝕」を知っていますか?

「二次う蝕」とは、治療した歯に再発した虫歯のことです。
これは、つめ物やかぶせた場所の周りから発生します。

「根面う蝕」とは、歯の根元に発生する虫歯です。
これは、歯周病や加齢に伴い歯の根元が出てきてしまい、
そこから虫歯になってしまいます。

大人になっても「虫歯リスク」は一生つきまといます。

歳をとって歯茎が下がると、歯と歯の間にすき間ができます。
このすき間にプラークがたまりやすいのです。
虫歯を防ぐためには、歯と歯茎の境目に歯ブラシの毛先を
しっかり当てて磨くことが大切です。


歯磨剤は、フッ化物配合のものなど使うと、
イオンが歯の再石灰化を促進してくれるので、
歯の根元の虫歯予防にも有効です。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/

 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2022年5月24日 火曜日

歯科での金属アレルギー

こんにちはsun
船橋市前原にある老川歯科医院ですhappy01


歯科治療で使われる金属の多くは、ほぼ無害とされて
います。しかし、口の中には常に体温と同じ温度の
唾液などがあり、金属の成分が変わりやすく、溶け
やすい環境
にあります。
この溶け出した金属イオンが体の中に取り込まれ
金属アレルギーが起こる場合があります。
歯科治療で使用されている金属からおこるアレルギー
の場合、口の粘膜や全身の皮膚、さらにはその両方に
発症する可能性
があります。
口の中では、被せ物、詰め物、あるいは入れ歯に使
われている金属が直接触れているところや、周囲の
粘膜などが赤くただれたり、白色のまだら模様に
なったりします。
とはいえ。。。
金属アレルギー全体の中で、歯科治療で使用された
金属が原因となっているケースは、かなり、まれな
ようです。


「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2022年5月21日 土曜日

歯がなくなる原因は?

こんにちは
cloud船橋市前原にある老川歯科医院ですcloud


歯がなくなる最大の原因は、
歯周病によって歯を残すのが難しくなることです。
第二の原因はむし歯です。


そして、歯周病の直接の原因は、
プラークと呼ばれる歯の汚れの中で細菌が繁殖することです。

しかし、その他にも、口の中の乾燥、
歯ぐきの動脈硬化による血行の悪化、ホルモンバランスの乱れ、
免疫力の低下などが歯ぐきの状態に影響を与えます。
糖尿病や喫煙などの生活習慣病も歯周病を進行させる
大きな要因となります。


大切な歯を守る為に歯科医院で定期健診も受けましょう。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/
 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2022年5月20日 金曜日

歯と口の健康ガイド

こんにちはpaper
船橋市前原にある老川歯科医院ですsmile


よい歯並びは子どもの頃に作られる?!

Q.指しゃぶりはいつまでして良いの?

A.長期間にわたって「指しゃぶり」を続けると、歯並びに
悪い影響を与えることがあります。歯並びだけのことを
考えたら、すぐにもやめさせたいものです。
しかし、必要以上に叱り付けたりして、子どもの心に
負い目を負わせるようなことがあれば、本末転倒です。
大らかな気持ちで、忍耐強く「指しゃぶり」をやめる
機会を探し続けることが大切ではないでしょうか?

小学校入学を機会に子どもに言い聞かせ、「指しゃぶり」
をやめられたという例もあります。この子どもはしばらく
の間、歯並びに問題がありましたが、「指しゃぶり」を
やめると、きれいに戻りました。
「おしゃぶり」も使いすぎると歯並びい悪い影響を与え
ることがあります。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2022年5月17日 火曜日

子どもの噛む力

こんにちは
wobbly船橋市前原にある老川歯科医院ですwobbly


噛む力を脅かす姿勢の悪さ

正しく噛むためには、姿勢の良さも大切です。
あごの筋肉をフルに使う咀嚼運動は、
頭部や上半身をしっかり支える全身の筋肉が必要です。
身体に力がないのに、あごだけ運動させるのは無理ですね。

今の子ども達は、腹筋や背筋、特にインナーマッスルと呼ばれる
体の内側の筋肉が弱い傾向があります。
そうすると、首が前に出て、口がポカンと開いた脱力系の姿勢に
なってしまいます。
悪い姿勢が習慣化してしまうと、あごの噛み合せがずれたり、
そこからさらに姿勢が崩れる悪循環にも発展することがあります。

そうならない為にも、手軽な方法としては、
まず歩くことが良いそうです。
姿勢を保つインナーマッスルは、歩くことでも鍛えられます。
あごの発達のためにも、日頃から気をつけましょう。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

カレンダー

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。