歯科に関して

2019年7月17日 水曜日

口腔がん早期発見チェック

gemini こんにちは!船橋市前原の老川歯科医院です gemini

☆最近のお口の中の変化、当てはまるものをチェックしてみましょう☆

●一日にたばこを40本以上吸う
 (または、1日の本数×喫煙年数が1000以上である)
●毎日、日本酒を3合以上飲む
●口内炎が2週間以上治らない
●抜歯した傷が治らない
●入れ歯が当たってできた傷が治らない
●最近、歯が浮くような感じがする
●白っぽいものがある
●赤くただれている
●かたいシコリをふれる
●舌が動かなくなった
●口が開きにくくなった
●下唇や舌がしびれる

いずれかの項目に当てはまる場合は、かかりつけ歯科医院に
相談しましょう!


☆口腔がんの予防には・・・☆
。刺激物を控えるとくにタバコ、お酒
。口の中を清潔にする
。口の粘膜に慢性の刺激を与えない

くちの中は鏡などを使えば自分で観察することができ、
胃がんや肺がんとは違い、直接自分で見つけることもできる
のです。早期に発見できれば、治癒率の高い病気ですので、
定期的な検診が大切です。


「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年7月13日 土曜日

歯周病について

smileこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院です。smile


歯周病の進行とセルフチェック

健康な歯肉
色:薄いピンク
形態:歯と歯の間に入り組んでる
感触:弾力性に富み、引き締まっている
出血:出血しない
  
歯肉炎(歯肉に炎症が起きた状態)
色:赤みを帯びる
形態:丸く厚みをもってふくらんでくる
感触:腫れてブヨブヨしている
出血:軽い刺激でも出血しやすい

歯肉炎(歯槽骨が退縮した状態)
・歯肉が退縮し、歯が長く見える
・歯がグラグラし、血や膿が出る
・口臭が強くなる
・歯と歯の間に食べ物がつまりやすい

歯周病のなり始めは、痛みもなく気づきにくいものです。
少なくとも1年に一度は、定期健診・歯石除去を受けましょう!

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/
 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年7月12日 金曜日

歯の6つの役割

rainこんにちは。rain
船橋市前原老川歯科医院です。happy01

には6つの重要な役割があります。

1.食べ物を噛み砕く、噛み切る、すりつぶす
2.咀嚼する
3.発声や発音を助ける
4.顔の形を整える
5.低力を発揮させる
6.脳の働きを活性化させる

しっかり噛むには健康なが不可欠です。

噛むことで顔の形に影響が出ると言われていますが
歴史上でかの有名な徳川家康には
「一口で48回噛んだ」という記録が残っています。
埋葬された遺骨等の分析・研究により家康の顔は
「えらの張った四角い顔立ち」だったといわれています。

時代が流れ、12代将軍・徳川家慶の歯をみると
ほとんどすり減っておらず
これは食物をよく噛んでいなかった証拠です。
食べ物も豊富になり、彼がやわらかいものを食べていたと思われ
その分顎の骨も発達しておらず
顔の形も「うりざね顔・らっきょ顔」だったそうです。

お口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」smile
http://www.oikawa-dc.com/


 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年7月10日 水曜日

食べる事と脳の関係

shineこんにちは。shine
船橋市前原老川歯科医院です。

食べる事の目的は何か?

生きていくために必要な栄養を摂るること
おいしいものを食べることなどで快感を得ること
"血液さらさらにする"など食べ物の成分によって体をきれいにすること
友人や家族などと楽しい時間を共有することなどが考えられますよね。

これらの目的のなか、高齢期において重要なのは
必要な栄養を摂ることです。

十分に噛むことができない、
あるいは自分自身の残っている歯の数が減ることは
食べる能力の低下を招き、噛むことを無意識に避けようとします。

その結果として食べ物の種類が少なくなり栄養が偏り
健康でなくなる危険性があります。

さらに高齢期に十分に食べる機能を維持していることは
脳の健康維持にも繋がると言われています。

最近の研究によれば、残っているの数が少なくなり
食べる機能が十分に果たせなくなると
計算や思考、記憶と関係する脳の部分が衰えるとの報告があります。

このことから考えれば、の数が減少し、食べる機能が損なわれることは
脳の健康も損なう危険があることになります。

お口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」smile
http://www.oikawa-dc.com/

 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

2019年7月 9日 火曜日

糖尿病と歯周病の関係

appleこんにちは。船橋市前原の老川歯科医院ですapple

糖尿病の人は歯周病になりやすい?

糖尿病の人が歯周病になりやすいのは・・・
血管障害によって口の中の血流も悪くなるため、
白血球がうまく運ばれず、抵抗力が落ちて、
歯周病菌に感染しやすくなる。
高血糖の状態で歯周病菌に感染すると、
体はを溶かす物質を多量に放出して骨を溶かす。
組織の修復に重要なコラーゲン代謝が低下するため、
傷の治りが悪くなる

血糖コントロールが悪いと歯周病も悪化しやすくなります。

さらに、歯周病は糖尿病にも悪影響をおよぼします。
歯周病になると、インスリンの効きが悪くなるため、
血糖値が下がりにくくなります。

これらの糖尿病歯周病の悪い関係を断ち切るためにも、
血糖コントロールとプラークコントロールが大切なのです。

「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/
 

投稿者 老川歯科医院 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。