歯科に関して

2019年1月11日 金曜日

二次う蝕

snowこんにちは。船橋市前原にある老川歯科医院ですsnow

治療済みの歯がまたむし歯になってしまったという経験はありませんか?
詰め物やかぶせ物のある歯がふたたびむし歯になることを
「二次う蝕」といいます。

一方、治療していない歯がむし歯になったものを「原発う蝕」とよびます。
40代からシニア世代では「原発う蝕」の治療より「二次う蝕」、つまり
やり直しの治療の方がだんぜん多いのです。
古くなった詰め物やかぶせ物のまわりにできた小さなすき間に
細菌や細菌の出す酸が入り込んで、歯の内部にむし歯が広がってしまいます。

見えないところで、隠れて広がるため、気づかないことも多いのが特徴です。
歯科医院での定期検診、早期発見と予防!
自分では気づかない小さな変化を歯科医院の定期的はメンテナンス
発見してもらいましょう。

歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。