歯科に関して

2019年5月 7日 火曜日

小児歯科日誌

こんにちは!
船橋市前原の老川歯科医院ですwink


おやつの「ダラダラ食い」が泣く子をつくる!!!

診察にくる子どものたちの中には、泣かずに治療を受けられる子もいれば
泣いて、なかなか治療ができない子もいます。この差、実はおやつの与え
方が影響しています。

おやつの時間が決まっていない子の方が泣く割合は多いのです。

食欲は人間にとって最も基本的な欲求。空腹を満たすために工夫し
そのための道具や文化を生み出し、進化してきました。
戦い耐えることで、人間として生きる力を培ってきたと言えます。

一方、「お腹がすいた」と言えば、いつでもおやつを与えられ、
空腹を感じることがない子どもたちは、何に対しても耐える心が
育たなくなるように思います。だから、歯の治療でも我慢できない
のでしょう。たとえ10分でも、決めた時間までおやつを我慢する
ことで子どもの心は大きく発達します。対して欲求のままに
おやつをダラダラ食べる行為はむし歯を引き起こすだけでなく
精神発達の面でも自制心の貧しい子どもを育んでしまうのです。

「歯やお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」

http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。