歯科に関して

2019年6月 7日 金曜日

加齢による歯や口の変化

こんにちはhappy01
船橋市前原老川歯科医院です。

中高年になると
体の他の部分と同じように口の中にも
さまざまな変化が現れるようになります。

加齢による自然な変化に伴って
歯ぐきに病的な変化が現れるようになり
がなくなったり、口の中の粘膜の異常が起きたりします。

は長年の噛み合わせにより
徐々に噛み合わせの面がすり減って
ときにはひびが入ったり割れたりします。

が割れることには、噛み合わせの力だけでなく
加齢に伴って唾液の分泌が少なくなり
口の中が乾燥することも関係しています。

の割れ方のいよっては、を残すのが難しく
抜歯が必要になることもあります。

このように、がすり減ることや唾液の分泌が少なくなって
が乾燥することは、ある程度は加齢による自然な変化
と言えますがが割れることにまで至ると
自然な変化ではなく病的な変化といえるでしょう。

噛み合わせの筋肉にも同じことが言えます。
加齢とともに筋力が衰え、疲れやすくなるのは自然な変化ですが
いつも弱い力で上下の歯を噛み合わせている癖があると
噛み合わせの筋肉に痛みを生じ
しつこい肩こりや頭痛の原因になることもあります。

また、強い力で噛む癖のある人は
が大きく擦り減ったり、ぐらぐらしたり
あるいは割れて抜歯することで上下の顎の間の距離が短くなり
結果として噛み合わせの筋肉や顎の関節に病的な症状が
現れるようになります。

お口関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」smile
http://www.oikawa-dc.com/
 
 
 
 


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。