歯科に関して

2019年12月16日 月曜日

よくかむことの効果

こんにちは 船橋市前原の老川歯科医院です

幼児の歯と食育

よくかんで食べるための工夫
~急いで食べない・食べさせない~

食べ物によって、かみ応えは違います。ゆっくりと味わって
食べましょう。それを感じ、味わいながらの食事が大切です。
発育期においてそれらの形成は大切です!!
かみ応えのある食べ物を一口30回を目安によくかんで食べることを
意識すると良いでしょう。
なるべく家族で食事をして、周りの大人がまず見本を
みせてあげてください。

かみ応えのある食べ物を取り入れましょう
~自然とかむ力を育てます~


硬いものや食物繊維が多い物はかみ応えがあり、
自然にかむ回数が増えます。
食事やおやつに取り入れてみてはどうでしょうか?

食事の例・・・フランスパン、ステーキ、れんこんの煮物、刻みキャベツ、タコの刺身、アジの開き・・・ など。
おやつの例・・・ピーナッツ、煮干し、せんべい、リンゴ、ガム、
(豆類は幼児が窒息をおこすことがありますので、注意が必要です)

 
「歯とお口に関するご相談なら船橋市前原にある老川歯科医院へ」
http://www.oikawa-dc.com/


投稿者 老川歯科医院

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

千葉県船橋市前原西8-2-1

お問い合わせはこちら047-469-2322 お問い合わせフォーム

ご質問等お気軽にご相談下さい。